Q&A 色んな疑問にお答えします。

ゲストハウスの色んな疑問にお答えします。
東京での生活、ひとりぐらし、ゲストハウス生活・・・色々初めてのことには不安がつきもの。
でも大丈夫、一人暮らしのプロでもある筆者があなたの疑問を解決します。

家賃はどのくらいですか?

ie

東京の家賃は人気のエリアほどやはり高額になる傾向が。
特にゲストハウスの場合、原宿・渋谷や吉祥寺、下北沢、三軒茶屋などは常に人気です。
仕事が銀座周辺の場合は東エリアがお得
逆に六本木の仕事で帰りが遅いし…なんて方はいっそ六本木に住んでしまいましょう。
交通費が会社支給の方は定期代をあまり気にしないと思いますが、アルバイトや派遣社員など、交通費を実費で出している方なら、徒歩圏で通える場所に住んだほうがお得な場合も。
時間の節約にもなり、満員電車のストレスからも解放されます!
とはいっても、都心より商店街が充実した場所の方が生活には向いています。
乗換えが1~2回で通勤に3~50分程度ならば東京ではおおむね問題ありません。

入居時に手数料や敷金礼金がかかりますか?

yachin

通常の賃貸契約だと、敷金(家賃の1ヶ月~3ヶ月程度)、礼金(家賃の0.5ヶ月~3ヶ月)が発生しますが、ゲストハウスの場合はほとんどの場合で発生しません。
代わりに契約時に事務手数料がかかる場合があります。(1万円~3万円程度)
また、契約時にデポジット(預け金)を払うハウスもあります。契約会社で異なりますが、家賃の1ヶ月程度です。
デポジットは全額もしくは清掃費を除いた額が退去時に払い戻されるシステムが多いです。
業者ごとに異なりますのでしっかりと確認してください。

ゲストハウス生活のメリットは?

kaiwa

・費用が少なくて済む。
・好きなエリアにカンタンに住める。
・あいさつする人がいること。
・外国語を覚えられるチャンスがある。
・いろんな人とのつながりができる。
特に誰か人がいるというのはとても心強いです。挨拶をしたり、一緒にご飯を食べたり、風邪などをひいたときに心配してくれたりする隣人がいるというのは、一人暮らしの心細い面をカバーしてくれます。

ルームシェアとは違うの?

最近、ゲストハウス同様、ルームシェアリングもドラマなどで取り上げられ一般に広く知られてきました。
ルームシェアは、何人かで集まり、一軒家やマンションを借りて住む形態です。
地元の友人同士で進学時に住居をシェアしたり、シェアメイト募集サイトで知り合った人同士や、デザイナーさんなど仕事や趣味の嗜好が合う人同士でシェアしていたりします。
ゲストハウスは、皆で住んでいる建物の個室にを借りて住んでいます。
よってゲストハウスの場合、人探しやシェア用のハウス探しは事業者任せですので、ルームシェアに比べトラブルが少なくてすみます
家賃(特に更新料や修繕費)や食費などのトラブルや、実際借りた後に途中で人が減った場合のルームメイト探しなどがあるので、東京や一人暮らしに慣れていない方には、ゲストハウスをお勧めします。

家具や寝具が備え付けなんですか?

kagu

備え付けの場合が多いですが、最近は長期滞在向けに
家具なしの部屋を提供している業者もあります。
その場合は、寝具、テーブル、いす、ラグ、衣類の収納は
自分で用意する必要があります。
ベットと机は自分で買うと大きくて高額になるものもあるので、
床生活をするか、家具つきに住むかはよく考えてみて。
手持ちの家具がない場合は、備え付けの部屋をお勧めします。

水周りが共同だと不便ではないですか?

shower

シャワー等たまにバッティングもありますが、朝などはだいたい
毎朝の行動パターンが決まっているので、
シャワーの使う時間も決まってきます。譲り合って使えば大丈夫。
ハウスによっては、バスタブがあるので自宅のようにゆっくりできますが、
長湯は禁物です。
キッチンも同様です。長時間の料理などは人気のいない時にしています。

外国人がいるときいたんですが?

gaikokujin

大手事業者の場合は海外向けのフリーペーパーに広告を載せているので、世界各国の滞在者が一緒になります。 最近ゲストハウスをはじめた事業者では逆に日本人が多いことの方が多く、上記のような事業者でも同様の事がいえます。 また、新規事業者のハウスは韓国や中国からの語学留学生やワーキングホリデーの方が結構います。 とはいってもすぐに仲良くなれるから大丈夫。

英語が話せなくても大丈夫ですか?

日本語の勉強で来ているので日本語を教えながら英語や別の国の言葉を教えてもらう事ができたりします。 通じなくても英語に強いコに頼めばだいたい大丈夫です…。

住民票は移せますか?

japan

まず大丈夫です。ハウス事業者に確認してみてください。
過去にトラブルとしては、以前の持ち主の名義のままだったことがあり、
免許の裏書には実態の無いテナント名が入るところでしたが、
事業者に報告したところすぐに改善されました。
実際のところ、長期で働いている方は住民票をきちんとうつしているようです。
ただし、住民税はきちんと自分で納めましょう。(笑)