上京するにはいくらかかるの?

上京するにはいくらかかる?あなたの夢が一歩前進します。
上京するには、引越し代、賃貸契約に必要なお金、生活に必要なものの購入費、
そして、初任給が入るまでの生活費など、お金がかかるのは確か。
ゲストハウスへの引越し費用を出してみてください。
あなたの上京までに必要な時間は確実に短縮されますから。

やっぱり高い、東京の賃貸

東京の一般的なワンルームを借りるのにかかる費用は、これだけあります。

敷金 2~3ヶ月(清掃費等で戻らない場合が多い)
礼金 2~3ヶ月(戻らないお金です)
契約料 0.5~1ヶ月
前家賃 1ヶ月
火災保険 数万円
引越し費用 2万程度(地域による)
家電・家具・家財購入費 10万円~
光熱費 毎月1万円程度
通信費 ネット代5000円+携帯5000円程度

こんなにかかると、お金を貯めるだけで挫折しそうですよね・・・。



会員制賃貸はお得な半面、初期費用等その他がかかる。

「♪夢中で頑張る君へエールを」でお馴染みRパレスの場合だと、礼金がかかるほか、家賃が通常の賃貸よりも高額となっており、決して経済的ではありません。

敷金 なし(※1LDK以上の物件は1ヶ月)
礼金 1ヶ月
契約料 0円
その他初期費用 44420円(※環境維持費、鍵交換費、保険、入居サポートシステム、抗菌施工費)
引越し費用 2万程度(地域による)
家財 2万程度(※主にキッチン周り)
家賃 75000円程度(※練馬駅徒歩4分の物件の場合の目安。共益費込み。)
光熱費 毎月1万円程度(※賃貸契約の場合には実費負担)
通信費 無料(※レオネット付きの場合)

それなりに綺麗で、県内での移動ができる等のメリットもあるのですが、
実は県をまたぐと意味がないのです・・・。
東京から神奈川、千葉、埼玉への移動は通勤先の都合で移りたいけど、やっぱり損なのです。
あとは、維持費が結構かかります。やはり通常の賃貸料より2万程度高めの設定になっています。
部屋は広く、収納も大きく便利なのですが、水周りがものすごく小さくてびっくり!
キッチンは本当におまけ程度で、ガス台も小さいので自炊派には物足りないかも・・・。



初期費用・家賃共に経済的なのは、ゲストハウス。

ゲストハウスの場合はどのようになるでしょうか?みてみましょう。

初期費用 1~3万円のデポジット(清掃料を引いて戻る場合がほとんど)
敷金 0
礼金 0
前家賃 1ヶ月
引越し費用 2万程度(地域による)
家財 0~1万円程度(収納が少ないとボックスを買い足す程度)
家賃 一人部屋:6万円前後、ドミトリー:3万円前後
水道光熱費 家賃に込み
通信費(インターネット) 家賃に込み


ゲストハウスは水周りが共同の分家賃が低く設定されており、更に光熱費やネット代がコミだから月々にかかる生活費も低く抑えられるんです。そして、敷金・礼金がかからずにデポジットを一定金額預ければ入居できる業者がほとんどなので、試しに住んでみるとこだって可能です。1ヶ月位の休暇で東京に遊びに来たりする人もいます。


提案:一度はゲストハウスに住んでみよう!